« Denver Omelette | Main | A prehistory of British pop/rock as we call it today »

2004.03.30

Comments

のんちち

いい経験でしたね・・
私は・・中々・・そんな経験はありませんが・・ただ!
先輩親たちの様子は見る事はいつも!できます
(仕事で)
自閉の子で口パクで・・すべて分かる!親!
あれみたら・・俺にはできんなぁ~・・と、感心させられます

でも・・俺も見てみたかった!エイブル2・・

ふくだ夫

どもども。
アイルランドは、養護学校(スペシャル・スクール)とそれ以外の学校(メインストリーム・スクール)がしっかりと連携しており、スペシャル・スクールからメインストリーム・スクールに転校したり、逆にメインストリーム・スクールからスペシャル・スクールに転校したりする手続きがとてもシンプルです。入学時の進路選択が人生の岐路みたいな感じになる日本とは大違いですね。
パーセル家では、ダウン症のエイミーは前者、妹のリンジー(下肢不自由)は後者の道を選んでいます。リンジーは、メインストリーム・スクールになじめなくてスペシャル・スクールに移りました。「スペシャル・スクールは安心できる。一時的な避難所になってくれる」というシンプルな理由で。要は、どこにいても、その子に必要なサポートが与えられるし、そこが最終的な定着先にはならないわけです。そういう流動性を許すだけの人的資源の蓄積と予算があるのはすばらしいな、と思いました。

The comments to this entry are closed.