« 年末の一日 | Main | 梅雨前線北上中 »

2005.01.18

Comments

Nori

はじめて描いた父親の絵が「死んだ状態」だったとはなんともトホホな話ですな。よほど彼の印象に残ったのでしょうか。
それにしてもそれほど酔うというのは珍しいね。きっと誰にもいえない大きなストレスを抱えていたのでしょう。たまにはいいじゃないですか、ね、奥さん。 :)

ふくだ夫

援護射撃ありがとうございます。妻も今夜、娘の保育園の母親たちの飲み会に行きます(呑まないのに、まわりの酔っぱらいと同じテンションで騒げる彼女が、ちょっとだけうらやましかったりする)。

The comments to this entry are closed.